だしの種類と使い分け

料理を作る過程で、だしは味の決め手になります。特に和食では無くてはならない存在です。その種類も一番出汁、二番出汁、昆布、かつお、煮干し、椎茸など様々です。作るのは少し手間ではありますが、使うことによって味に深みが出ます。料理によって、最適のだしがあるので出来れば使い分けたいです。毎回素材から出汁を取ることができれば良いのですが、仕事をしていたり子育てしていると、中々そのような時間が取れないこともあります。そんな時は市販の顆粒タイプのものや、液体のものが売られています。それを上手く利用すれば、時間も短縮になりますし、味も中々です。私自身、今現在8ヶ月の子供がいます。ちょうど離乳食真っ只中ですが、醤油などの調味料を使うよりも出汁などで風味付けをしています。中々出汁を取るのに手間がかかるので、大量に作って冷凍したり、赤ちゃん用の顆粒タイプのものを利用しています。

だしをとって美味しく料理を作る

料理に欠かせないのが「だし」です。きちんとだしをとる事で料理に旨味がでますし、コクもでます。一味足りないと思ったらだしをとってみましょう。鰹節やいりこ、昆布と色々な物がありますが、料理によって変えてみる事をお勧めします。様々な料理に使う事が出来ますが、味噌汁、肉じゃが、煮物、おでんなどなど沢山の料理に使用出来ますし、使用しないと味がなく美味しくはない事があります。そのくらい大事で重要な役割を果たします。とり方などは、インターネットで検索しても分かりますし、パッケージなどにも作り方が記載されている場合がありますので参考に出来ます。最近では、粉末になっている物がありますので手軽にすぐに使用できて便利です。沢山の種類がありますので良く記載事項を読み使用されてください。美味しい料理を作るための一工夫です。

料理はだしを使う事でおいしくなります

自分じしんのオリジナルのだしを作っておくとどんな料理にも対応出来ます。我が家では昆布とけずりぶしで出汁をとり保存しています。今の時期ですときゅうりの一夜漬け(きゅうりを塩もみして水分を少し抜いた後少し温めた出汁に付けるだけです)とか旬の野菜を細かくきざんで少しの塩をまぶして出汁に付けるだけで保存食になります。あまり食欲のない時にお茶漬けにしたり、ごはんに掛けたりして食べるとさっぱりしているので食べやすいです。その他にも汁ものとか、煮物にも対応出来ますので作り置きして置くととても便利です。作り方も難しくはありません。少しの間に出しておけば自然と作る事が出来ます。最後に好みに合わせて、塩を少したしたり、塩分を控えている場合はそりままで十分です。一度だし作りに挑戦してみると料理を作るのが楽しくなるかも知れません。

初回限定うまだし30包1,800円(税込)送料無料です。 一度使うと手放せなくなると大変ご好評いただいています。 40代~60代の主婦の方を中心に幅広くご利用いただいています。 「博多の幸うまだし」を使った手軽でおいしいお料理レシピをご紹介しています。 だしパックなので後片付けも簡単です。 辛子明太子でおなじみ博多のやまやのだしパック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)